お問い合わせ

施工事例

塗床工事

施工概要

塗床工事

人・物の往来が激しい工場の床は非常に傷つきやすいです。だからこそ、塗床工事を行い意匠性・耐久性・耐熱性・防塵性などを付与する必要があります。

また、塗床の施工費用の価格帯は大きな幅があります。その違いは何によって、生まれるのでしょうか。それは、塗料の種類と、塗装の厚みです。

塗床に使用される塗料の材質は、塗布形と浸透形の2種類です。また、塗布形の有機質系塗床(合成樹脂塗床)は、無溶剤形塗床、溶剤形塗床、水性形塗床という3種類に分類されます。機械的強度や化学的特性を付与するために、塗布形の塗料に硅砂や補強材としてガラス繊維などを同時に使用するケースもあります。また、浸透形には、無機質系塗床という種類があります。

プロが塗料の材質と特性を頭に入れたうえで、 塗床工事を行うことで、衝撃・摩擦・水・油などの厳しい環境下に晒される床面に機械的強度(耐荷重性、耐摩耗性、耐衝撃性)、化学的特性(耐水性、耐薬品性、耐熱性、耐候性)、居住性(歩行感、美観性、防音性)などを付与し、床の寿命を延ばすことができます。

また、塗装の厚みが厚ければ厚いほど、施工費用は高くなります。耐久性が求められる機械工場や重量物の搬入に使用される通路などは塗装を厚くする必要があるので、そのような場合、通常より施工費用が高くなります。

施工場所 工場 事務所・研究室 
施工内容 その他 安全対策・環境・省エネ 
設備 その他 

BEFORE & AFTER

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

  • BEFORE

    BEFORE

  • →
  • AFTER

    AFTER

施工手順

1

工事現場の現地調査

塗床工事のプロが訪問し、床の状態や破損状況などを綿密に調査します。

2

最適な改修プランの策定とご提案

東京都・関東全域で豊富な塗床工事の実績を有しております。だからこそ、過去の塗床工事事例を踏まえ、お客様に最適な床材料、下地処理を判断したうえで、ベストな改修プランを策定・ご提案させて頂いております。

3

工程スケジュール

お客様の工場の操業に差支えがないように、塗床工事の工程のスケジューリングを行わせて頂きます。

4

施工

丁寧な下地処理をしたうえで塗装を行わせて頂きます。

5

最終検査・引渡し

お客様に納得して頂けますように、工場向け塗床工事のプロが現場に立ち合い最終検査を行います。そして、お客 様に我々の工事内容に満足頂いたうえで、引渡しさせて頂きます。

塗床工事は、機械工場、通路など施行する場所に応じて、それぞれの場所に適した塗装を行う必要があります。東京都・関東全域の工場・倉庫の改装を実施する際には、塗床工事の実績が豊富なプロフェッショナルの「南関東 工場工事.com」にお任せ下さい。